SQL性能試験メモ

SQL

あくまで目安として。

感覚値

reads500
buffer5000

テーブルを多数結合するようなことをしていなければ、これぐらいいかなければOK。

Used-Mem

10000(0)

前の値はなんでもOK。

括弧内の値が「0」以外だとファイル書き込みがおきてる可能性があるので注意。

・Used-Mem

使用したメモリサイズと処理方法(0:optimal, 1:1-pass, >1:Multi-pass )

optimal はメモリ内ですべての作業を終えること。

1-pass は中間データを一段階ディスクに退避してマージ。

Multi-pass は中間データを二段階以上ディスクに退避してマージ。

INDEXの使われ方

INDEX UNIQUE SCANOK
INDEX RANGE SCANOK1秒未満が目標
INDEX FULL SCANNG
INDEX FAST FULL SCANNG
INDEX SKIP SCANNG
TABLE ACCESS FULLNGINDEXによるアクセスではないけど

A-Time

INDEX RANGE SCAN の場合、下記をチェック。

access と filter があるかどうか

access は INDEX を参照する範囲を決めるもの。

filter はその範囲内で条件に合致するかを判定するもの。

重要なのは access

検索条件に日付系の条件がある場合、 access に日付が最低限あることが望ましい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました